良質の「大人の土地ドラ」範囲「昼前が来る」習得いたしました。面白かっただ。

前週の土曜日、フジテレビ系の「大人の土地ドラ」範囲「朝方が来る」というドラマが止めいたしました。こういうドラマは主役の妻・片倉ひかりを中心としてその周囲の気持ちの差異を上手に描いていました。何だか心的デスクリプションが巧みだったんでしょうね。昔のアニメのようで嬉しく思いました。また、主役ですひかりちゃんの葛藤にもハート移入して最終回は泣いてしまうほどでした。女房は中学の頃に妊娠してしまって数奇なライフを歩んできましたが、周りの人に恵まれついに元気を取り戻すことができました。これ程エラいドラマだったのに、誠にたったの8課題で途切れてしまってはなはだ残念に思います。ひかり以外のキャラも必ず開設が素晴らしいお客様ばっかりでした。悪役のヒト(坂上・権藤など)がさっそくサイテーで見るたびに憎しみを覚えるほどでした。それくらい縁起がお巧みだったんだと思います。さて、こういうドラマの余韻に浸り、感心を忘れないためにもここで先ずキャラのおさらいをしようと思います。まず佐都子だ。女房はやはり人柄がかわいく、最後までひかりを助けた独力でした。清和は佐都子のダディーで、佐都子に比べれば疎らひかりへの後押し度は落ちるものの、ひかりの訓練や葛藤をわかるによって段々アライアンスチックになっていきました。続いては健太だ。健太はひかりの恋人みたいな有で、ひかりからは「健にい」と呼ばれていました。フィニッシュ課題で少々疎遠になってしまいましたが、ひかりが働き始めた弁当屋のユーザーとしてやって来て再会することができました。キャラの推薦はこの辺で終わりにします。だらだら言ってハッピーエンドで良かったなと思います。